あすなろ投資顧問

あすなろ投資顧問ブログ

個別銘柄の専門家あすなろ投資顧問の公式ブログ

あすなろ投資顧問誕生記 vol.3

銀行口座が続々と出来上がる

都内では口座開設の敷居意外と高いのご存知ですか?

事実、三菱は2回面談して2回とも審査通らずです。(涙)

お客様で三菱ユーザーさん多いだろうと重々承知しているのですがお許しください。

 

それにしても同じ金融機関としてどうなんでしょう?

いずれまた3回目トライします。

 

f:id:asunaro_yasushi_oishi:20190802102050j:plain

三井住友銀行   *現在は株式会社あすなろ名義に変更されてます。

 

 

f:id:asunaro_yasushi_oishi:20190802102043j:plain

みずほ銀行  *現在は株式会社あすなろ名義に変更されてます。

 

 

他方、息子からこんな依頼も・・・

 

f:id:asunaro_yasushi_oishi:20190802102100j:plain

サンタ(私)へのおねだり

 

もはや

≪気づいているのに気づいてないふりをしておねだりする≫

というスキルを身に付け、それでもそのあざとささえも愛おしいという父親あるある。

 

この年末は金商業者としても父親業としても大忙しとなりました。

 

名義変更やら書類手続きで

千葉と東京を何往復もしましたね。

あすなろ投資顧問

九十九里の夕日に癒されつつ

 

疲れ果て迷走していたのか

味も香気もない事務所に、なんとかお洒落感をと・・・

 

 

あすなろ投資顧問

あすなろ→1376 やがてサイトドメインに採用

1376partners.com

 

 

悪あがきもいいところでした。

(といいつつ、今でも六本木事務所に設置しています。)

 

少しづつ仕上がっていくUI

 

とにかく極限の多忙の中で、覚醒と迷走を繰り返しながら

ミッションを日々こなしサービスインに向けて一歩一歩・・・

 

ちゃんと言うと、一歩進んで0.5歩下がってまた0.7歩進んで1歩下がるみたいな事を繰り返しながら前進していました。

 

簡単に言うとサイトには表面と裏面があって要件まとめて動作確認するところから、サービス名やコンテンツ名を決めて表示確認するところなど、リリースできるレベルまで仕上げるのに相当なタスクが必要なんです。

 

金商業者として最低限完備しなければいけないものもありますしね。

 

そうそう、その時産まれたのがこの初期のロゴ。

(覚えてます?)

あすなろ投資顧問

あすなろ投資顧問 初期ロゴ

懐かしいですね。

 

このロゴが設置された当時のサイト、かなり個性的だったと思ます。

 

UIもそうですし、サービス名もコンテンツカテゴリーも、自分で言ってしまいますがかなりクセが強かったと思います。(笑)

 

決して使いやすいとは言えなかったでしょう。

 

たとえば

「 相 場 の 宿 」 

 

どんな情報が得られるか不明ですし

宿ってことで「寝ちゃうの?」みたいなことも引っかかりますし

なんだかサッパリ分かりません。

 

初期からご愛顧いただいている会員様には本当に辛抱強くお使い頂きました。厚く感謝申し上げます。

 

もっともふざけていたわけでもなんでも有りません。究極的に真剣に取り組んでました。だからこそ今考えれば滑稽ですが(笑)

 

一方で銘柄選定には絶対的な自信がありました。今も変わらずね。

 

加えてそのクセの強さも圧倒的個性として際立っていたのでは?とエゴサした結果感じています。

 

最近は少しおとなしくなっちゃったかな?と思っているくらい。

 

どの規模になっても、銘柄選定の確かな実力を背景に、ほとばしる個性で利用者様と投資業界を牽引する存在でありたいですね。

 

ちなみにこちらは今のロゴ

あすなろ投資顧問

あすなろ投資顧問 現行ロゴ

 

ふたつの曲線は「お客様」と「我々」

明るい色にグラデーションしていく緑色の明るい方へ共に歩んでいるのがお分かりいただけますか?メッセージとなります。

 

 

寄り添う投資顧問としてあすなろが掲げる我々のスローガンは

 

「投資家の勝ちこそが、我々の価値」

 

 

この怒涛の3か月を経験している私としてはスローガンへの想いは誰にも負けず、今でも日々増すばかり。

 

初期メンバーは今でもそれぞれの業界で活躍してますし、第2世代が中心となって現在のあすなろ投資顧問を盛り上げてくれています。

大石やすし

加藤あきら

まんもす藤井。

大文字恭平

 

 

今回はブログで軌跡を特集しましたが、ブログで書けることは多くないですから、断片的になります。

 

より細部まで表現するためにいつか本でも書いてみたいですね。

 

 

最後までありがとうございました。

 

 

当シリーズ一旦終わる・・・かも

 

 

 

大石